腰痛予防ストレッチ

仕事場でも手軽にできる腰痛体操のやり方

仕事場でも手軽にできる、腰痛体操のやり方

 

腰痛の原因は、ずっと同じ姿勢で働くなどして体幹・下肢筋肉等が緊張し、腰椎がズレてしまうことであるといわれています。

 

そこで、仕事の休憩時間などを利用して体操を行い、筋肉の緊張をほぐすのが有効です。

 

椅子に座って行う腰痛体操を紹介します。やり方は、[1]膝の上に手を置き、上体を前に倒し、その姿勢を5秒保ってゆっくりと元に戻します。

 

[2]膝の上に手を置き足を組んで、上体を前に倒し、5秒保って元に戻すのを左右交互に行います。

 

[3]片足を椅子にあげ、足を抱え、姿勢を5秒間保ち、足を戻すのを左右交互に行います。

 

[4]腰に手をあてて、上体をゆっくりとねじり、姿勢を5秒間保ってゆっくり戻すのを左右交互に行います。

 

注意点として、現在痛みがある人や腰痛の治療を行っている人は、医師に相談の上行って下さい。

 

また決して無理をしないやり方で、毎日継続して続けて下さい。

仕事場でも手軽にできる腰痛体操のやり方関連ページ

腰痛改善に役立つ簡単ストレッチ
腰痛ストレッチや腰痛体操など腰痛改善に役立つ情報を紹介するサイトです。

ホーム RSS購読 サイトマップ